ラバトリーカタログvol.1 電子カタログ
57/108

吊元側での救出機能No.1602DNo.1602DC(指はさみ防止タイプ)No.1602NDC(指はさみ防止タイプ)No.1602ND組合せ例戸先側で非常解錠しても、ブース内に人が倒れていて、内側にドアが開かない時非常解グレビティヒンジを併用すればドアを外すことができます。内側にドアが開かない場合2非常解グレビティヒンジ ドアの外し方手順 非常解グレビティヒンジ ドアの復帰方法コイン非常解錠表示付ボルト(写真はNo.1612-SLC)COINキー非常解錠表示付ボルト(写真はNo.3612N)No.1630表示無し非常解セットNo.1621-SL・618Bスライドボルト+内側から見た図(No.1602D・1602ND・1602DC・1602NDC)(No.1602D・1602ND・1602DC・1602NDC)※非常解錠付のスライドボルトを解錠してからの手順です。※図はNo.1602Dです。上部の軸を押し込んでプレート穴から外し、ドアを外します。上部の抜け止めプレートを外します。軸芯を下から引き抜きます。下部の抜け止めプレートを外します。マイナスドライバーを利用プラスチックハンマー等抜け止めプレート抜け止めプレート軸芯上部アングル下部アングル下部アングルに軸芯を差し込んだ後、抜け止めプレートを取り付けます。プラスチックハンマーなどで軽く叩き、抜け止めプレートを奥まで差し込みます。扉を下部から組み込み、上部アングルに軸を押し込みながら取り付けます。上部抜け止めプレートを差し込みます。055

元のページ  ../index.html#57

このブックを見る